ホーム > ブログ

越境EC概論

最近、中国市場に対する越境ECのプロジェクトについて学ぶ機会があったので、概論的にまとめてみました。

1)大多数を占める一般的な越境ECのパターン:

大きく3つのタイプ(A、B、C)に分けました。

タイプA:
もっとも一般的な仕組みです。ECサイトと決済サービスを中国外で行うので、物流業者に郵便局を使えば、中国通関当局は把握が難しくなります。但し、中国ではVISAやPAYPALで決済できる人は多くありません。海外にある決済代行業者を通してALIPAYやUNIONPAYなどの決済を行う場合にも、ECサイトは海外の代行業者のサイトとの接続を行いますので、このタイプに含まれます。

タイプB:
ECサイトは海外に置きますが、決済にAlipayなど中国内で普及している決済サービスを利用します。図では決済サービスは中国内にありますし、実際にその通りなのですが、海外にあるAlipay等の決済代行業者のサーバー(中国外)を介する事で、全体の仕組みが容易になります。中国内の決済サービスを利用すると、通関当局は購入者の特定と購入金額の把握が容易になります。

タイプC:
もっとも簡単な仕組みです。ECサイトはタオバオ等の中国内にあるECサイト(既製のECモール・サイト)を利用します。ECサイトから決済への接続は、モール業者側が接続サービスを用意しています。中国政府が推進している越境EC方式がこれであり、輸入される商品や個人情報まで通関当局が把握する事ができます。また、顧客や売れ筋商品等の情報がモール業者へダダ漏れになるという欠点があります。

 

2)跨境EC総合試験区を介したパターン:

中国通関当局は、越境ECによる個人輸入の急増に危機感を抱いているようで、1人あたり年間2万元の輸入枠を決めました。これでタイプAとBの個人輸入を減らして、タイプCへ絞り込みたいという意向があるようですが、全ての販売業者がタオバオ等の既成モールを受け入れられる訳ではありません。自社のECサイトで販売したい場合には、跨境EC総合試験区の中にECサイトを置いて、自分で販売する事ができます。

この仕組の特徴は、中国政府が定めた跨境EC総合試験区で輸入された商品を、区内の物流業者と通関当局のシステムを接続させて、迅速な通関業務を行う事ができるという事です。

2107年2月の現在、7箇所(上海、蘇州、杭州、寧波、広州、深圳、重慶)でこの仕組が行われています。

上記の2つの図で、上はECサイトが跨境EC総合試験区内にあり、これが標準型です。但し、中国内でECサイトを立ち上げる場合、ICPライセンスというものを政府から取得しなければいけません。外資の独資企業でこれを取得するのはほぼ困難と言われています。自分のECサイトを立ち上げる為には、中国企業のパートナーを代理に立てる必要がありますが、商権や商標を持ち逃げされるリスクがあります。

下の図はECサイトを海外に置いた例です。この方法は商権や商標を現地パートナーに盗られるリクスはありませんが、今のところ杭州だけで実施可能なようです。

以上

参考文献:
1)跨境电子商务综合试验区
2)第二批跨境电商综合试验区政策详解

 

 

 

Leave a Reply