ホーム > ブログ

ビジネスマンのクラウド活用法(3) Evernote

海外へ出張へ出かけるビジネスマンは、常にいろいろなリスクに曝されています。財布やパソコンを盗まれるかもしれませんし、大事なパソコンが壊れるかもしれません。パソコンや手帳を失くすと、いろんな情報も同時に失ってしまいます。めったに使わないクレジットカードの暗証番号などは、誰が見るかわからない手帳へメモる事自体が非常に危険です。そんなときに、あなたの大事な情報を何でも記録して、ネットがつながる環境ならどこででも安全に見れるクラウドサービスがEVERNOTEです。

アカウントの作成は無料です。情報の保存や閲覧は、1日に40MBまで無料(プレミアム会員は500MB/日)で利用できます。

私は、銀行情報やログイン情報などをSplashIDというソフトを使って、パソコンと携帯端末で情報共有して使っていましたが、今年からEVERNOTEへ切り替えました。EVERYNOTEはウェブで閲覧できる他に、iPhone用のアプリがあって、やはり無料(オフライン版は有料)で使用できます。

ちなみに、私はEVERNOTEで管理しているのは下記のような情報です。
1)紛失した時の為に、銀行やクレジットカード番号
2)自分と家族のパスポート番号、生年月日、身分章番号など
3)自分の利用しているウェブサービスのログイン情報
4)自費で購入したパソコンソフトのシリアル番号

これらは緊急時に有用な情報ですが、他にも日常的に利用する情報も保存しています。たとえば、
1)カラオケでよく歌う歌リスト
2)海外の薬局で購入する薬の英語名のリスト
3)しばしば出張する国で利用する飛行機・バス・電車の時刻表

ネットにつながれば必要な情報を入手できる、それがクラウドの好いところです。

参考文献:私的なことがらを記録しますが今週、紙の書類を大量に捨てました ― 藤沢数希

Leave a Reply