ホーム > ブログ

ビジネスマンのクラウド活用法(5)DropboxをiPhoneで活用

会社のパソコンに保存された書類を、自宅や出張用パソコンでリアルタイムに「共有」する方法を述べましたが、今回はその応用編です。パソコンはいつでも持ち歩く訳ではありませんが、iPhone(iPad)は何処へでも持ち歩けます。そこで、iPhone(iPad)でDropboxを活用しませんか、というのがこの記事の趣旨です。 パソコンで使用するDropboxのアカウントの他に、iPhoneで使用するアカウントを別途に登録します。パソコンのハードディスクは容量が大きいのですが、Phoneは一番容量が大きなモデルでも32GBしかありません。そこで、パソコン用のDropboxアカウントのフォルダの一部を、「フォルダ共有機能」によって、その中のファイルをiPhoneで共有します。 私は、パソコン用のDropboxに保存しているファイルのうち、主に下記の情報をiPhoneでで共有しています。 1)名刺をスキャンしたファイル。 2)商品カタログのファイル。 3)プレゼン資料のファイル。 4)最近発行した見積書のファイル。 5)仕事で使う商品や工場の写真類。 iPhone用のDropboxは、App Storeから無料でダウンロードする事ができます。下記写真は、App Store内のDropboxの説明画面です。 Dropboxのインストールが無事終了すると、下記写真のように、iPhoneの画面へ自動的にアイコンが出来ます。 Dropboxアイコンをダブルクリックして1回目に起動すると、自分のアカウント情報(e-Mailアドレスとパスワード)の登録を行います。2回目以降は、登録アカウントのDropboxが自動的に開きます。下記は、Dropboxを起動した画面です。Customerというフォルダが、パソコン側で使用するDropboxアカウントのフォルダから共有しているフォルダです。 Dropboxは原則は(Wifi或いは3Gで)ネットにつながっていないとファイルを開く事ができません。しかしDropboxの中でファイルを開き、Favorites(お気に入り)マークをオンにすると、そのファイルはオフライン(たとえば飛行機の中など)でも開く事ができます。隣り合わせた方へ即席で営業するときに便利です。 なお、iPhoneのDropboxで会社の書類を持ち歩く場合には、会社の許可を得る事が必要かと思います。また、iPhoneにはかならずパスコードロックをかけ、10回失敗すると「データを消去」するように予め設定してください。Dropboxアプリ内でも、パスコードの設定ができます。iPhone紛失時の情報漏洩リスクの管理を十分に行って、モバイル環境もクラウドで活用しましょう。 参考記事: 1)私的なことがらを記録しますが今週、紙の書類を大量に捨てました ― 藤沢数希 2)こんなデータ同期サービスがほしかった – 『Dropbox』は試す価値アリ! 3)iPhoneアプリ版『Dropbox』のおかげで、ファイル活用の道がひらけた 4)『Dropbox』のおさらい:iPhoneとの相性良好! iPhoneアプリ版を使ってみよう

ビジネスマンのクラウド活用法(1) VPN

最近は、クラウドという言葉を良く聞くようになりました。非常に簡単に説明を試みると、あなたが必要とするパソコン上の機能(メールやワープロやファイルの保存)の本体が、実際にはインターネット(雲)の中にあって、場所を変えても、パソコンを変えても、同じ機能を容易に使う事ができるソフトやサービスの事です。(こちらの記事も参照下さい) クラウドにはいろいろなメリットがあり、上手に利用する事で、間違いなくあなたの業務の生産性を向上させてくれるでしょう。ビジネスマンに、特に起業を目指すあなたに必須のクラウドソフト(サービス)を、何回の記事に分けて紹介致します。 初回は、PPTP VPNを紹介します。 中国でウェブ閲覧をしていると、アクセスできないサイトが存在する事に気がつきます。たとえば、下記のウェブサイトをクリックしてみて下さい。 1) Facebook 2) Youtube 3) Twitter 世界中で話題のサービスですが、中国政府がこれらサイトへのアクセスをブロックしており、中国内から普通の方法でアクセスする事ができません。上記のサイトは代表例ですが、中国内でおおきな会議やイベントがある時には、ネット規制が強化されて、日本にあるメールサーバーへの接続ができなくなる事もしばしばです。 このように、政府によるネット規制でアクセスできないサイトへなんとかアクセスした時に、PPTP VPNが役立ちます。 PPTP VPNはなぜ、中国のネット規制を回避できるのでしょうか。原理を非常に簡単に説明します。あなたのパソコンが中国外にあるPPTP VPNサーバーに接続すると、あなたのパソコンは「あたかも」そのサーバーがある海外からインターネットへ接続しているかのように動作するのです。政府のネット規制ファイアーウォールは、あなたのパソコンが海外にあるPPTP VPNサーバーへ接続した事は自動的に認識できますが、そこから先の何処のサイトへ接続したかを追いかける事ができません。ゆえにPPTP VPNは政府によるアクセス規制に有効なのです。 もし中国政府が、PPTP VPNのデータ自体をブロックすると、その間は、この機能は無効になってしまいますが、今のところは、日常的にPPTP VPN機能をブロックしていません。その日か来るまでの間は、有効な手段といえます。 PPTP VPNを設定は非常に簡単です。なぜなら、この機能は全てのWindowsで標準装備されているからです。パソコンの無線LANの設定画面を呼び出し、VPN接続の追加を選択して、PPTP VPNサービスを提供している業者からもらったサーバー名とユーザー名とパスワードの3つを設定画面から入力するだけです。 これから何回かの記事に分けて紹介するいろいろなクラウドサービスのいくつかは、中国内からはPPTP VPNが無いと設定できないものもありますので、興味のある方はネットでサービス業者を探すか、この記事へコメント下さい。コメント欄へ残されたメールアドレスへ折り返し資料をお送り致します。 弊社のPPTP VPNサーバーは香港に設置しています。広州-香港間のゲートウェイ経由で海外へ接続しますから、華南地区の方であれば比較的高速なインターネット接続が可能です。 追記(2010/07/02): 下記のVPNアカウント申請書をクリックして頂きますと、申し込み書のダウンロードもできるように致しましたのでご利用下さい。 ●VPNアカウントの申し込み書(VPNアカウント申込書) 参考文献: 普通の人がクラウド・コンピューティングをフル活用するための本5冊